低カロリーなキャットフードを選択する

シニア猫のキャットフードの選び方のポイントは、低カロリーなキャットフードを選択することです。低カロリーと聞くと、肥満の猫に与える印象を持っている方も少なくないでしょう。確かに肥満の猫に低カロリーのものを選択し、運動と平行してダイエットをすれば、肥満改善などの効果を期待することができます。しかし、肥満な猫だけでなく、低カロリーのキャットフードをシニア猫に与える人も多くなっています。その理由はシニア猫は加齢と共に代謝が落ちてカロリー消費が少なくなるからです。もし、幼い頃と同様の食事をシニア猫に与えてしまうと、カロリー消費が少ないため、全てのカロリーを消費することができず、肥満に繋がります。肥満になると内臓などに悪影響を及ぼす可能性があります。

シニア猫が肥満になると糖尿病を発症する可能性もあります。この糖尿病の猫にも低カロリーのキャットフードは症状軽減を期待することができます。しかし、注意点があります。まず低カロリーのキャットフードに変える前に原因を考えなければなりません。例えばシニア用のキャットフードを与えていない方は、低カロリーのものに変えることで肥満などを軽減できます。

特に飼っているシニア猫が最近太ったと感じる方は、原因を突き止めてから購入をしましょう。

 

低カロリー以外でシニア猫のキャットフード選びのポイント

低カロリー以外で挙げられるシニア猫のキャットフード選びにおけるポイントは、高タンパク質のものを選択することです。猫は雑食の人間とは違い、肉食です。人よりもタンパク質を必要とするため、猫のライフステージに関わらず、キャットフードは限り高タンパク質のものを選ぶようにしましょう。また、ヘアボールのケアができるようなキャットフードもおすすめです。オリゴ糖配合のキャットフードなら排泄のサポートも期待できるため、ヘアボールのトラブル緩和につながるかもしれません。キャットフードの“シンプリー”はこれらの要素をあわせ持った高タンパク質・オリゴ糖のフードなので、参考にしてみてください。

シニア猫だけに言えることではありませんが、シニア猫にも添加物の少ないものを選択します。添加物とは酸化防止剤や着色料のことです。この添加物が多ければ多いほど身体に負担をかけることになります。特にシニア猫は内臓なども幼い猫より強くないので、添加物には配慮してキャットフードを選びます。

その他のポイントとしては適度に脂質が含まれているかどうかが挙げられます。脂質が含まれているキャットフードは満腹感を得ることができます。また、エネルギーになりやすいので脂質が適度に配合されているキャットフードを選択しましょう。

このようにポイントは複数あります。シニアの猫に合ったキャットフードを選び、健康的な生活ができるように飼い主さんは配慮しましょう。

Pocket