シニア猫のキャットフード

生後数ヶ月の段階から猫を飼う人は多くいます。また、親猫と一緒に生活をしており、親猫が子供を出産して、その後親猫と子供を一緒に飼うという人もいます。生後数ヶ月の時は元気に家の廊下を走り回り、落ち着きがない様子の子も多いものですが、人間と同様に、歳を取れば取るほど身体は徐々に老化することになります。老化すれば幼い頃とは異なり、走り回ることができなくなったりします。当然運動不足になれば肥満などの原因になるため、飼い主さんは一定の対策を講じなければなりません。また、現在幼い猫を飼っている方でも、いずれはシニア猫になります。シニア猫のある程度の知識を習得しておけば、猫の年齢に合わせて様々な対策をしていくことができます。

歳を取ると運動能力が低下するので、階段があるお家で猫を飼っている方は、階段で転んでしまわないように階段に柔らかい絨毯などを敷くと、対策を講じることができます。また、トイレに行く時も時間がかかるので、寝ているところにトイレを移動させれば、すぐに排泄ができる状態を整えることができます。

このように様々な対策をすることでシニア猫が暮らしやすい環境を整えることができますが、健康面にも配慮することが求められます。人間と同様に、身体に必要な栄養分を食事から摂取することになります。当然シニア猫になれば食べるものも変化させなければなりません。今回はシニア猫のキャットフード選びに困っている方へ、シニア猫のキャットフードの選び方について紹介します。

Pocket